通販_復興支援_岩手県盛岡市の藤原養蜂場・藤原アイスクリーム工場_三陸名産_鮭サブレ味・北浜ワカメ味・味噌クルミ味

■2012年4月18日 岩手日報
アイスで復興後押し 盛岡・藤原養蜂場の工場
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20120418_12
藤原養蜂場が展開する盛岡市若園町の藤原アイスクリーム工場(藤原誠太社長)は17日、沿岸の被災企業などが製造する食材を使ったアイスを発売した。

アイスは味噌(みそ)クルミ、北浜ワカメ、鮭(さけ)サブレの3種類。

いずれも復興へ向けて立ち上がろうとする熱意が詰まった自信作だ。売り上げの一部は食材を提供してもらった業者に還元し、復興を後押しする。
同市若園町の店舗ジェラート・ワンで試食会を開き、同社の藤原誠市会長と藤原社長は「地域になくてはならない人たちに立ち上がってもらうため、アイスを通じて応援したい」とあいさつした。
味噌クルミには、陸前高田市の八木沢商店のみそを使用。みそによってアイスの濃厚さが増し、クルミとの相性も抜群だ。

北浜ワカメは、サポーター制度で生産を再開した大船渡市の北浜わかめ組合が素材を提供。細かく刻んだワカメが入り、ほんのりと海藻の風味が伝わる。鮭サブレには、宮古市の三陸宮古復興市場がプロデュースするサケの骨粉を使ったクッキーを練り込んだ。
試食会には同商店の河野和義会長と同市場の工藤義信支配人も出席し「復興することが恩返しにつながる」と意気込みを述べた。
3種類を食べ比べた盛岡市月が丘3丁目の千葉満枝さん(76)は「どれも初めて食べる味でおいしい。復興支援につながるのも良い試みだと思う」と評価した。
同工場は、藤原養蜂場の蜂蜜を使ったアイスの開発と販売を行っている。今回の3商品は復興支援の一環として企画し、売り上げの5%を食材提供元に還元する。
 アイスはジェラート・ワンで販売。1個税込み300円。開店は午前10時~午後7時。月曜定休(祝日の場合は翌日休み)。

宅配も可能。電話、メール、ファックスで注文。

■藤原養蜂場
http://www.fujiwara-yoho.co.jp/