わらび_ご飯_煮浸し_おにぎり

Wild herb with rice


またまた散歩のついでにワラビを採った。
わらびのアクを抜き、また煮浸し。
ワラビご飯分は、アクを抜いた後に水に浸けたものを使おうと思っていたのだが、
ついうっかり全部、煮浸しにしてしまった。

<わらびのアク抜き>
<わらびの煮浸し>

仕様がないので、煮浸しからワラビご飯を作ってみた。
鶏肉や油揚げを入れても美味しそうだが、
まずは、ワラビだけでシンプルに。

もち米とワラビのヌルッとした感じがピッタリ。

余ったワラビご飯は、
中に梅干しを入れ、手に塩を付けて、三角形のオニギリにして、
一個一個ラップに包み、フリーザーバッグに入れて冷凍した。
三角形と四角形は、小スペースを埋める基本。

※もち米と煮浸しを使ったのが、Klimt風。

<klimt風 Wild herb with rice>
米2合の場合
・粳米(うるちまい) 1.7合
・糯米(もちごめ) 0.3合
・ワラビの煮浸し液(一番出汁と醤油)400cc
・ワラビの煮浸しのワラビ 適量
・みりん 大さじ1
・酒 大さじ1

1、ワラビの煮浸しをワラビと液に分ける。
2、といだ米とワラビの煮浸し液400ccを炊飯器に入れて、20分前後放置。
(液の量が足らない場合や味は、出汁で調整。)
3、みりん大さじ1、酒大さじ1を加え、スイッチオン。
(水分の量は、合計430cc)
4、炊き上がったらすぐにワラビを上に乗せ、炊飯器の蓋を締め、10分前後蒸す。
5、全体を混ぜて完成。