山茶花の花びらピクルス

Pickles of petal
花びらのピクルス Hanabira no pikurusu
山茶花(サザンカ) Sazanka

Sasanqua petals with sweet and sour pickles.
Petals are used to jelly sweets and decorations and cooking.

今日で2月も終わり。
昨年から花の少ない季節に、咲き続けてきたサザンカ。
先週の春一番から風の強い日がある。
ハートの花びらが舞い落ち、雪が解けた大地をピンクに染める。
そんな、この冬の印象的な光景もそろそろ最後かと思ったら、
サザンカが愛おしくなった。

切り花は何度も飾ったし、
散った花びらを集めてポプリにする趣味は卒業したし、
昨日暗くなる前に、花びらの痛んでいない花を10輪ほど摘んだ。

「そうだ!ピクルスにしよう!」と。行動開始。

今日は雨。
一昼夜、水に浸した花びらをザルに広げ、除湿機をつけた部屋で2時間乾燥させてから、甘酢に漬け込んだ。

<klimt風 Pickles of petal>
・山茶花の花びら Sasanqua of petals
・酢 vinegar
・砂糖 sugar
・塩 salt
・水 water

1、花びらだけを、酢を入れた熱湯に30秒前後。
2、水に浸す。
3、一昼夜の間に、3〜5回程度水を替えてアク抜き。
4、水のテカリがなくなり、花びらどうしが付かない程度に乾燥させる。
5、甘酢(酢2:砂糖1:塩少々)に漬ける。

花びらだけではなく、花を丸ごと甘酢漬けにしたり、花びらとしべを別々に塩漬けにもするらしい。